あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師の資格の特徴

PR|リンパドレナージュの資格ならメンズ化粧品でスキンケア

国家資格の一つであるあん摩マッサージ指圧師の資格を取得するためには、まず指定の専門学校に入学して、三年間の教育を受けて卒業することで受験資格を取得しなければいけません。

あん摩マッサージ指圧師の国家試験の合格率自体は、平均80%以上となっており、しっかりと受験勉強をすれば合格を勝ち取ることはそれほど難しくありません。

ただ、国家試験よりも難しいのが所定の専門学校の入学試験です。現在健常者が入学できる専門学校は21校しかなく、それぞれの学校の入学定員数は30名前後と非常に少ないので、受験難易度は国立大学の一般入試レベルとほぼ同等だと言われています。

なぜ少ない人数の生徒しか受け入れないかというと、学校では実技を伴う教科が多いため、少人数でなければ適切に習得ができないためだそうです。また、学費に関しても非常に高額になっており、初年度の入学金や教材費と年間の授業料を含めると3年間で計400万円以上が相場です。

もちろん学校によっては奨学金制度や推薦入学制度などを採用しているところもありますが、医療系の資格の中では取得するためのハードルが高い資格と言えます。

鍼灸師になるためには、国家資格であるはり師ときゅう師のそれぞれの試験に合格する必要があります。受験資格を取得するためは、まず高校を卒業してから国が定めた専門学校や大学の専攻課程を卒業していなければいけません。

一般的にそれらの学校の修業期間は3年以上となっており、解剖学や生理学、衛生学、病理学などの多岐にわたる学科について学習します。加えて東洋医学や診断学、治療学などの専門分野についても学んで行くことになり、最終的には治療実習を経て国家試験に挑戦することになります。

はり師、きゅう師の国家試験は毎年2月下旬に筆記試験として実施されており、試験科目はそれぞれ分かれていますが、2つの資格を同時に受験する場合は共通の科目の試験は免除されることになっています。

試験の合格率は受験者の9割程度となっているので、それほど難関というわけではありません。しかしその分資格を取得してから一人前の鍼灸師になるまでに、更に色々な技術や知識を身に付けていくことが求められる資格です。

PR|初値予想|工務店向け集客ノウハウ|JALカード|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|貯蓄|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|GetMoney|サプリメント|女性向けエステ.com|内職 アルバイト|生命保険の選び方|